調教用ヘルメットの色とは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 調教用ヘルメットの色

調教用ヘルメットの色

トレセン内で調教騎乗をする際、
義務付けられているヘルメットの色は職種によって分かれている。
グリーンチャンネルの【今週の調教】では
騎乗者が騎手の際はその旨の記載があるが
以下を参考にどういう職種の方が騎乗しているかチェックするのも面白いかも。

【黒】
調教師と調教助手
(※新規開業調教師の場合、黒とオレンジの染め分け帽)

【オレンジ】
調教厩務員(持ち乗り厩務員)
(※新規はオレンジと白の染め分け)

【水色】
騎手が付ける。

【黄色】
デビュー一年未満の新人騎手。

【赤と白の染め分け】
競馬学校騎手過程の生徒。

【桃色】
トレセン場長承認者(研修に訪れた地方騎手など)。

【青と黄色の染め分け】
地方所属馬に帯同してきた騎乗者。

【白色】
馬場保全委員を務めている騎乗者は職種に関わらず白色。
主にベテランの騎手や調教師が付けていて、馬場の危険箇所を報告する義務を持つ。