騎手エージェントとは 競馬の用語辞典

優良か悪徳か?予想会社と競馬商材を評価。

トップページ用語辞典 > 騎手エージェント

騎手エージェント

騎乗依頼仲介者の事。

騎手がレースに集中できるように騎乗依頼を仲介する。

一人のエージェントが複数の騎手の仲介を担当することもある。
当然、騎手から仲介手数料が支払われる。

大体は競馬専門紙のトラックマンが務めている。

日本で最初にエージェントを雇ったのは岡部幸雄元騎手で
競馬研究の記者・松沢昭夫と契約を結び、騎乗依頼を取り付けた。

松沢昭夫氏は
岡部の弟子に当たる柴田善、田中勝、横山典、蛯名のエージェントも担当し、
騎乗馬を融通し、レースでも協力しあう事もあり、
「岡部ライン」という言葉が生まれた。

2012年、
透明性確保の観点から2012年6月1日よりエージェントの申請が義務化される事がJRAから発表された。
また、1人のエージェントが担当可能な騎手の上限もあり、
3人+若手騎手1人(地方、外国人騎手含む)となる。


上記の松沢昭夫氏のケースは新制度ではアウトということになる。

関連用語
トラックマン